レイキは、大正時代に日本で生まれた、自然な気の流れ
(エネルギー)を利用するセラピーです。
お腹が痛い時、自然にお腹に手を当てていませんか?
緊張している時、胸に手を当てていませんか?
“手当て”という言葉が示すとおり、手を当てることで
治癒力が上がること、精神的に落ち着くことを、私たち
は知っているのです。
その「生まれつき備わっている能力」を使いやすくした
のがレイキです。
1日の講習を受ければ、誰でもできるようになります。

レイキを受けると、その箇所が熱く感じられます。
これは、レイキを受けた個所の治癒反応が始まるためです。
そして同時に心がほぐれてリラックスし、穏やかな気分になります。
レイキには、精神面を落ち着かせる効果もあるのです。

特別な訓練や知識は不要です。
レイキを送る人は、自然なエネルギーを送るだけ。
あとは受け手の自然治癒力に任せます。
そのため「間違った送り方」が存在しません。
とても気軽にできるセラピーです。
自分で気を作り出すのではなく、私たちの周囲に
存在する“気”を流すだけなので、おしゃべりしながら、
テレビを見ながらでもできるのです。

訓練せずにできるようになって、疲れないし副作用もない。
そんな簡単で都合のいい話が本当にあるの??
けれど、実は『凄いことほどシンプル』なのかもしれません…。

レイキについての詳細は、レイキセラピー協会
http://reiki-therapy.org/をご覧ください。
注:レイキは、医療や医薬品に代わるものではありません。